2007年05月31日

購入記録 070531

オトメン(乙男)2(菅野文/白泉社)
コミックエール vol.1 (芳文社)
NHKにようこそ! 7(滝本竜彦・大岩ケンヂ/角川書店)
ムーンライト・ラブコール(梶尾真治/光文社)
ひとりっ子(グレッグ・イーガン/早川書房)
posted by さわのつり at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

読書感想070530 コミックエール

あらたとしひらくんが描いてますよ〜」
と聞いて、今更「コミックエール 創刊号(芳文社)」を購入。

『男の子向け少女マンガ雑誌』ってどっかで聞いたような煽りだなぁ >コミックハイ?

正直、私なんかのもっている「少女マンガ」っぽいテイストはあまり感じなかったです(コミックス派がえらそうに言うことではない?
実際この「萌え」の方向性は少女マンガじゃないよなぁ。
煽り文句の別バージョン「男の子のための新世代ガールズコミック」の方がしっくりきます。

まだ雑誌としての方向性が定まっていない感は強く感じられ、一冊の中でかなりかぶった感じのマンガも…。
うっかりしてると、先行の萌え系マンガ雑誌とまったく同じ路線に乗っかったあげく消えてしまいそうな危うさすら感じさせます (^-^;

斜めに2度読んで良い印象を受けたのは
・「溺れるようにできている。」シギサワカヤ
・「ラブイーブン」須田さぎり
あとゲスト的扱いの山本ルンルン。

シギサワカヤはとてもストライクだったので、早速既刊本をAmazonのカートに投げ込みました(笑
# 案の定「この本を買った人はこんな本も買っています」には日坂水柯、木尾士目、犬上すくねが並んでいたりするわけで。

さて、ご縁のある あらたとしひら先生(笑)ですが、絵柄的には好きな部類だし、あぁ、うまいな。と素直に感じる一方、おおよそ予想の範囲を超えてこないというか、ちょっと一押し足りない感じ。
あの調和の取れた雰囲気をぶち壊しにかかるくらいの毒とか灰汁とか電波を見せて欲しいものです。
幸いにも「魔法少女いすずさんフルスロットル」は次号以降も連載予定ということで今後に期待(笑

問題は雑誌がいつまで続くkウワナニヲスルヤメロqアwセdrftgyフジコl
posted by さわのつり at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

あーあ

松岡農相が自殺、現職閣僚では戦後初(NIKKEI NET 5/28)

ナントカ還元水で黄泉返ったりしませんかね。
posted by さわのつり at 16:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

5月月例会

飲み会明けのぼんやり頭で月例会。

ニューボールがまだ掴めない上に、先週のボウリングで痛めた手首が完調でない中の月例会でしたが、案の定ボロボロ…。
Max175、Min127でアベレージ147では勝てる見込みもありません。

それでも後半に好スコアを集め、順位決定戦でちょっぴり見せ場を作ったものの、ほんとにちょっぴりでしたとさ。
posted by さわのつり at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

時間をつぶした

金曜日。
お仕事後、「飲みに行きましょう」とのお誘いがあったので仕事が終わるのを待っていたんですが、実は自分の終業から相手の終業までのタイムラグが3時間もあることに、1時間半ほどしてから気づいた罠。

さわの「あー、外でてますから終わったらお電話いただくって方向でいいですか?」
Tさん「大丈夫、いいからゆっくり座ってなよー」

M先生が気を利かせて「暇で困ってるみたいですけど」と口添えしてくれたのにTさんは頑として聞き入れてくれませんでした(涙

飲み自体はまったり。
一人ついてきたバイトの子をみんなでいじってました。
てっきり新人かと思って優しいフォローをしてあげたら、1年もやってるんだっていうんですもの…

横浜から行き先別最終を乗り継いでなんとか帰宅。
posted by さわのつり at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

あぁ接続不良2007

電車を降りるまではなんの問題もなかったのですよ。
会社の前まではきわどいところだったものの、全部つながってたんですよ。

で、最後の最後で破局したと。
あぁ、つまらん遅刻をつけたなぁ。
posted by さわのつり at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちきゅうおんだんかのえいきょう

朝。総務の人の曰く

「例年6/1〜9/30の間に取ってもらう夏期休暇ですが、今年度は6/30〜11/30まで取れるようにしたという回覧が上から回ってきました。きちんと消化するようにしてください」

11月に夏期休暇…。
「夏期休暇って名前にこだわる必要のないんでね?」的な感想もちらほら。
posted by さわのつり at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

掃除の秘訣

電話に出た次長が素っ頓狂な声を上げたなぁと思ったら、グループの超お偉いさんが“気まぐれ視察ぶらり旅”でうちの事務所にやってくるとの報。
急遽大掃除令が発令され、慌てて周囲を片づけ出すみなさま。

ふ、こんなこともあろうかと土曜に掃除をしていたのさ(暇だったから

ものの10分ほどで、床・壁の面積が3割り増しになりました。
ホント、きっかけがないとなかなか掃除ってできないものですよねぇ。

さて、肝心のお偉いさんですが、事務所にはほんの5分も滞在されなかったそうです。
残念ながら私はA先生と、たまたま…たまたまお昼ご飯に出ていたのでお目もじかなうことはありませんでした(笑
posted by さわのつり at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ニューボールで練習

おーはしくん、しまむーくんとまたもRound1板橋。
たいれるさんは残念ながら不参加。

開始2分でやってきたムーンライトストライクゲームをばっちり取る(そして店員にスルーされる)しまむーはさすがです。
おーはしくんはいい感じでフックボールを会得しつつありました。

こちらはニューボールが未だに掴めず苦戦。
速度を上げて曲がりを押さえるか、外に出して曲げるか…。どっちもいまいちピンと来ないんですよねぇ。
ガツンとストライクが取れたときは感じをつかんだ!? とか思うんだけど、なかなか3つは続かない罠。

ていうかことごとく裏だし(-_-;

終わってみて151,109,145,123,155,161でAve140。
スコアもですが、ノーヘッドが多いのと、マークがつながらないのが大問題。
裏に行きがちなので、右側に残したピンをちゃんと取れるようにしていかないとダメですね…。

終わってからきたむーくんを拾って「万世」でご飯。
ハンバーグぅ。
posted by さわのつり at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斬鉄剣飲み

土曜日は仕事帰りで斬鉄剣さん飲みに池袋の「竹取百物語」。
参加者は斬鉄剣さんほか、Yoshiさん、ヒライさん、きたむーくん。それと後からタネ夫妻。

噂ではアンジュールさんが来るとか聞いていたので、期待していたのですがお風邪を召されたの事でいらっしゃいませんでした。残念。

すでに出来上がっていた4人に乱入したので出遅れ気味でしたが、ツンデレとは、超人硬度(Wikipedia -キン肉マンの登場人物 ロビンマスクによればロビンマスクの鎧は「超人硬度9のサファイア製」だそうですよ)、最近のアニメ評などでお喋り。
タネ夫妻が来てからはなんか仕事の話と賢いケータイ術の話(笑

終電を前に飲み会を終え、ヒライさんとYoshiさんが帰宅。
Yoshiさんと「次は是非カラオケでっ」と約束(笑

他はきたむーくんの家に移動して、タネ嫁さんが「Lost」のDVDを見ている中で麻雀。いいとこなーし。
3時頃、上映とともに麻雀を終了して力尽き寝たのでした…
posted by さわのつり at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

UZURAの逆襲

先日、話の流れでウズラの姿焼きの話が出て、なんだか久しぶりに食べたくなったので、H姉と旦那と荻窪の飲み屋に行ってきました。
遅れた旦那を待っている間は普通に焼き鳥を食べ、旦那が来たところで満を持してうずらを注文したのですが…

さわの「すません、ウズラ3つ〜」
店員「これ、卵じゃないよ? うずらそのものだよ?」
さわの「もちろん!」
店員「チッ」

「ちょ、いま「チッ」って言ったな! 絶対言った!」 とサラNEO「よく見る風景」風の激昂を心中に秘め、にっこり笑顔で

店員「…時間かかるよ。時間かかるなんてもんじゃないよ?」
さわの「いいですよ、待ちますから」
店員「…」

無言で立ち去るおじさん。後ろの方で厨房と怒鳴りあう声が聞こえます。
どうもさばいたウズラがない模様。

店員「すんませんね。時間かかるなんてもんじゃないんで、悪いんだけどアレしてくれる?」
さわの「はっ?」
店員「アレ、ほら、キャンセル?」

がっでむしていただけたでしょうか?
がっでむ!がっでむ!がっでむ! (c)川原慶久

ちぇ、ウズラを食べにわざわざ来たのに。
その後河岸を変えて、ホヤと馬刺しとタコを肴に日本酒で飲み直し。
なんだか楽しくべらべらお喋りしたのでしたぁ。

とりあえず、帰る前にウズラリベンジと、かみやバーで電気ブランを飲むという企画が決まったので、そのうちまた荻窪に飲みに行かないとなのです。
posted by さわのつり at 15:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記-食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

健康生活復活週間

やっぱりカードは挿しっぱなしでした。

風の噂に新規入会が増えたと聞いていたのですが、案の定混んでいました。
とりあえず以前のルーチンを復活。ウェイトを落とすのもしゃくなので、重量はそのまま回数控えめでトライ。何のことはなく普通にこなせるじゃないか、俺様!

と思ったら翌朝しっかり筋肉痛。
大事なのは継続ですね。継続。
posted by さわのつり at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

母の日イベント

お母様を囲んでお食事。

お店もプレゼントも弟1(というかその嫁さん)にお任せ。
幹事の弟1的にはフレンチかイタリアンを考えていたらしいが、お母様のリクエストでお好み焼きに(笑
ねぎと卵

母の日の食事に歌舞伎町とは。やるなっ(何が

目の前に鉄板があるからてっきり自分で焼くのかと思ったら、意外にもカウンターで焼いて持ってきて、机の鉄板はただ暖めるだけっぽい仕様。
ちょっと拍子抜けでしたが、ある意味はずれはない仕組みだなーと一安心。
広島風、大阪風を適当にチョイスして注文。お母様は大阪風がお気に召したご様子。けっこうお腹いっぱいになりました。
ただ、座った席がエアコンの真下だったせいか、テーブルに反射して吹き上がってくる風で、並んで座っていた母・弟2ともども目が痛くなってしまってデザート前に退散。

お茶をしていこうと歌舞伎町付近の喫茶店に向かったのが、自分の思っていたところに店が無かった罠。ちきしょう。

弟の嫁さんの心当たりでお茶して、プレゼント贈呈。
のんびりお喋りしてお開きになりましたとさ。

うん。やっぱ「娘」ができるといろいろ変わるんだねぇ(遠い目
posted by さわのつり at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

さらば砂上の楼閣

数日前の日経新聞に、消費者金融のリストラで「サラ金ビル」が姿を消している云々という特集記事が組まれていました。

ふと朝そのことを思い出してみると、たしかに神田の駅前にある、上から下まで消費者金融の店舗(と無人店舗)がずらりと並んだ、いわゆる「サラ金ビル」の看板が、これまた上から下までずらりと真っ白になっていることに気がつきました。

このまま幽霊ビルになっては元も子もないので、素敵なお店が入ることを期待しています。
posted by さわのつり at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復活の時

4月はなんのかんのといって一度もジムに行けなかったので、すっかりジムに行く習慣が薄れてしまっていました。
昨日一昨日と結局重い腰が上がらなかったので、今日こそはと家に帰るなり「今日はジムに行く」と唱え続ける私。

ジムに着いてみると改装工事で様子が一変。
なにが変わったってとりあえず更衣室のロッカー。鍵の締め方がわかりません(汗
隣の人が見かねて「会員カードを差し込むんですよ」と教えてくれて…、とここまで書いたところで会員カードを差しっぱなしにして忘れてきたことに気づきました。しょんぼり…

閑話休題。

あまりに久しぶりだったので筋トレは避け、入念なストレッチとバイクを少し長めに。あとはマッサージチェアに揺られて風呂に入って終了。

やっぱいい汗かくとすっきりするねぇ。
posted by さわのつり at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雀かわいや

お昼やすみ。
例の弁当屋はなくなってしまったので、別の弁当屋に進出しました。
単価は1.5倍になったけど、まぁおいしいからいいか。

いつもの公園で食べていると、足下でスズメが物欲しげにはね回っているではありませんか。
その愛らしい姿にクラクラっと来て、ご飯粒をぽいと地面に投げ落としてやりました。
すると2mほど離れたところから猛ダッシュで米粒に突進してくるじゃありませんか。おまえ釣られすぎ(笑
残り20cmほどのところで一瞬警戒するように立ち止まるも、次そのままご飯粒を奪取。くわえるやいなや低空で3mほど向こうの安全な(と彼が考える。といっても狭い公園、別の人々が近くに入るんですが…)場所まで行って食べていました。

なんてかわいらしい…とにやにや。

街スズメといえば、チープサイド以来人間様のお友達なのですよ。
posted by さわのつり at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

現実回帰、そして転落

やっと時差ぼけ(?)が解消されて、宵っ張りの朝寝坊が戻ってきました(ダメぽ

しかし、この夏のような陽射し…。木陰で風に吹かれているのはとても気持ちがいいですが、OA機器の廃熱が充満している事務所は最悪ですね。

どうでもいいですが、昨日の夜、階段で足を滑らせて数段転落しまして、そのときに打った左肩と右のおしりが痛いです(涙

posted by さわのつり at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

北海道上陸作戦(第四夜+α)

旅先パワーで6時起き! ほんとうに持って帰りたい…(早寝のおかげもある
実は鶏のときの声で四時半には一度目が醒めていたのだがそこは意地でも起きない方向で。

前日は夜遅くに宿に着いてなにも見えなかったので、周囲を散歩。
廃校になった小学校をそのまま使った宿は、グランドの向こうに羊蹄山の偉容が、裏の畑の彼方にはニセコアンヌプリの勇姿が、それぞれたいした障害物もなく見える絶景ポイント。
まだ雪も残る裏の沢にはいろんなお花が咲いていたり、ウグイス鳴いてたりでのんびり。

朝食抜きプランのかざま、kay両名がお外をはね回っている間に朝ご飯。いかにも“自家製食材ですっ”というラインナップで素朴においしい。ちょっと塩気が濃かった。

少しのんびり後出立し、洞爺湖へ。
「とうや水の駅」に立ち寄る。白鳥がまったく逃げません。

洞爺湖一週。自転車部の人々をよく見かけたが、50kmもあるそうで、趣味で回ったら半日がかりの大仕事になりそう。
湖畔にならぶ彫刻群は、かなりシュールレアリスム的なものが目をひきます。ここの9番とかここの36番とか(全体として「とうや湖ぐるっと彫刻公園」という公園として整備されているのに、公立なので町ごとにしか紹介ページがない悲劇。

レイクヒルファームで昼ご飯。観光ガイドに載っているだけあってかなりの混雑。
おーはし「初めてGWらしい光景に出会った気がする」

時間がちょっとずれていたためか、アイスクリーム屋台の行列のわりにレストランにはすぐに入れてラッキー。
興味でチーズ盛り合わせを注文し、みなさまにお裾分け。結果、みんながチーズを土産に買ってました。営業成功? マージンもらえばよかった?(笑
さすがに牛乳がうまかった。

隣の山の上に立つウィンザーホテル(サミット会場の高級ホテル)が山に対してでかすぎ、ということでみんなで写真を撮りまくり。
よく見るとショッカーのマークに形が似てるよね! と悪の居城呼ばわりする(笑
閑散期のカジュアルで3.5万ですか…

山越えルートで支笏湖。
普通に雪が残ってますね。さすが北海道。
根こそぎ倒れた木がたくさん。雪? 風?

新千歳空港でかざまさんとkayくんとお別れ。
土産物街で、母上に厳命されていた「よいとまけ」を購入。会社向けのも適当に。

道路の先が霞んで見えなくなるまでまっすぐで平らな道を苫小牧港へ。
夕方のフェリーに乗船。
行きの深夜便と違い、子供連れ多数。ロビー付近は大運動会状態(汗
今度は食堂付ということで夕食バイキング。食べ過ぎ+ローリングで軽く船酔い。風呂に入って早く寝る。
翌朝、体調回復したので朝食バイキング。腹八分目…もやっぱり軽く船酔い。
軽く昼寝したらほどなく大泊港に到着。行きより早く着いた感じ。

帰京。
おーはし「北海道に慣れた今のオレには、ここですれ違うことができない!」
さもありなん(笑

かわくんを呼び出してファミレスでお食事。
かわ「いまの君たちが何を言っても自慢話にしか聞こえない」
さもありなん(苦笑

ひとしきり旅の話をした後、ゴルフの練習をちらっと見て、oseくんを呼び出して別のファミレスでお茶。
深夜、おーはしくんの車にて無事帰宅。
posted by さわのつり at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道上陸作戦(第三夜 その2)

海沿いをひたすら次なる目的地、松前へ。
コンクリ用砂採集施設、咸臨丸の眠る岬木古内の坊を経て「道の駅知内」で休憩。
ちょうど開催されていた桜祭りの出店でお昼ご飯。

かざま「“さくら祭”ぃ? ぜんっぜん咲いてないじゃーん」
さわの「きっと集まってる人がみんなサクラなんだよ」

ちなみに食べた“牡蠣カレー”はご飯+生牡蠣+レトルトカレーでした。牡蠣はおいしかった。

さらに先に進み、青函トンネル記念館で北海道警のマーチングバンドがスーダラ伝説を演奏してました。
この辺りからあやしい天候に。時間経過か日本海側に出たからか。

松前城に到着。
小雨が降ったり止んだりの桜は五分咲き程度。
光善寺の「血脈桜」はよく咲いていたものの、まだ盛りというほどではなく。
この「血脈桜」の伝説(内容は「血脈桜」リンク先を参照)を様々な角度から再検証。結果「『血脈』をもらった桜の精は成仏間違いなしなのだから祟ることはないはずだ。それでも伐採を中止したということは、きっとお坊さんは自分の書いた『血脈』の効力を信頼できず、祟りを恐れていたに違いない」という結論に到達。

未練を残して松前を出発。
上ノ国、開陽丸、江差を経て山中を抜け、北海道らしい?道をひたすらドライブ。
ドライバーのおーはしくん、本当にありがとう。

途中、寝ていたと思われたかざまさんが不意に「定食の看板」と発言。それが前後一時間内で唯一の飲食店であったことを考えると、恐るべき野生としかいいようがない。
夕食後、ニセコの宿「冒険家族」に到着。
羊蹄山から登る月がきれい。

かろうじてエッジの電波が拾えたのでチャット。も、バッテリーがきびしく短時間にて終了。風呂に入ってすぐ寝る。
posted by さわのつり at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

北海道上陸作戦(第三夜 その1)

ノートの電池がない、エッジの電波がない等の理由により現地での更新ができなかったので、東京帰還後に更新のこと。

第三夜
この日も旅先パワーで6時半起き。日常にお裾分けしたい。
強風で長居できなかった露天に再チャレンジ。怒濤の音をBGMにお湯に浸かるのこと。カモメがたくさん。

函館朝市にて朝ご飯。シンプルにイクラ丼をチョイス。さすがにイクラおいしいなぁ。イカ釣りにも惹かれたけど、一人で1300円は高いのでスルー。
頼まれていたお土産のイクラを購入。店のおねえさんの売り口上に便乗してホタテの干物も買う。どうせなら「あと二千円分お薦めを」とか投げちゃえばよかった。

五稜郭タワー。時間が少し早かったのであまり混んでなかった。
五稜郭ステキだなー。いろんな意味でカッコイイ。
タワー内の展示もわりとよい。でもタワー内のおみやげ屋と下のおみやげ屋の品揃えに大差がないのはナニかと思う。
新選組グッズ多すぎ。土方さんなら土方さんで、ひとつくらい「蝦夷共和国陸軍奉行並」グッズとか作らないのか。
むぅくん用の土産に歳さんのタオルを購入。

タワーを降りて五稜郭を散策。残念ながら桜はまだ二分咲きといったところ。
五稜郭の要所に行っては狙撃姿勢を取り「うーん、完璧だ」とその築城理論に一人納得する怪しい私。
堀と土手に挟まれた箇所にソメイヨシノの標準木を発見。確かにまだ咲き始めだなぁ。

Chouette Cacaoの「とろとろプリン」を食べる。
店員「2時間以内でお召し上がりいただけますか?」
かざま「いえ、ここで食べます(断固」
というようなやりとりがあったらしく、自分が注文したとき「あの人達と一緒です」っていったら笑われました(笑

甘〜美味〜。しあわせ。
かざまさんなぞ三種類食べてるんだからもう。
posted by さわのつり at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

北海道上陸作戦(第二夜)

旅先パワーでズパッと朝起き。そして朝風呂。
おいしい朝ご飯のあとしばらくダラダラして出発進行。

♪ あぁぁあ〜 苫小牧は〜 今日もぅぉぅ、雨ぇだぁった〜
外はかなりの雨。そして風。

帰りのフェリーの個室が取れたので、押さえてあった列車の切符をキャンセル。
その間に今後のスケジュールを確認。なんかけっこう走るスケジュールだなぁ。とおーはしくんと苦笑い。

高速に乗って一路函館へ。空いてます。
おーはし「北海道で高速に乗るのは××××」
クマのが多いんでしたっけね。

しかしやはり広いぞ北海道。
函館に着く頃にはすでにかざまさん達の飛行機と競争状態。
結局函館空港のレストランでご飯を食べる羽目になりましたが。
遅い・高い・やる気ない。
かろうじてまずくないのが救いでしたが、さすが独占企業。

風間さん、kayさんと合流して函館市街へ。
自称「晴れ女」パワーは恐ろしく、みるみる雲が吹き流されていくのこと。
さすがに函館山山頂は雲ですっぽり覆われていましたが、中腹からは陽の光に照らされる街が見渡せるほどには晴れたのでした。
函館山より函館市街を望む1函館山より函館市街を望む2

函館山を下りて本日のお宿、湯の川温泉に直行。
二人と三人は宿が違うのでここで一端お別れ。
こちらは部屋に荷物を置いて速攻ご飯。ハーフバイキングでお腹いっぱい。イカがおいしい(イカだらけだったけど

しばらくして、ダウンのおーはしくんを置いてお風呂。
たくさんあるお風呂のうち、打たせ湯はいまいちだったけど他はまずまず(あぁロシア風≒サウナには入ってないな
塩味。

そしていまここ。

もう少ししたら23時までの露店に入ってくるんだー(露店と大浴場は離れていて、同時には入れない仕様
posted by さわのつり at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

北海道上陸作戦(第一夜)

おーはしくんの車で出発。
同乗者はかめこくん。現地で別動のかざまさん達と合流の予定。

なにはともあれ夕ご飯、とおーはしくんおすすめの店に行ったら祝日のためすでに営業終了。
21時ってば微妙な時間だものねぇ。
少し探して「学生さま御用達」っぽいお店に。
看板に偽りなくお腹いっぱいになりました。かなり過度に…

高速に乗って大洗港。半分お休み。
1日発の旅人は少ないのか、フェリーに乗用車はあまり入っていなかった様子。
出航後ベッドに入ってさくっとお休み。

翌朝。五月一日。
船首側の個室だったので、遮光カーテンがありまったく時間に気づきませんでしたー。
目覚まし代わりのケータイは、電波を探すのに疲れて電池が切れている始末。

朝食はカップヌードル。そして暇。
「ゲーム的リアリズム」の再読とノートPCでTDQ2。
お昼ご飯もカップうどん。陸にいる間に食べ物を買っておけば良かったことに気づいてみる罠。
レンジで温めるタイプの弁当を選択した二人は、動きの怪しい電子レンジの前で苦戦していました。
そして暇。
どうも頭の中で「フェリーの時間」を0として計算していたようで、この間なにをするかをまったく考慮していませんでした。
ぼんやり。
昼寝した後(他にすることがない)、『津軽海峡冬景色』の二番が歌いたくなって甲板を一巡り。

夕方になって部屋の窓が結露し始め、外の寒さがうかがい知れる。
時期に苫小牧港に到着。

ついに北海道初上陸。
すぐにホテルにて夕食。一日ぶりのまともなご飯。

お風呂に入って、いまサラNEO待ち(笑
posted by さわのつり at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。