2011年03月12日

(個人的に)いろいろあった3/11

朝、目はさめたもののお疲れで起きられず。
ふとんでもそもそしていたら左のふくらはぎが攣る。
あまりにだるいので会社に半休の連絡をいれる。
居間に降りるとねずみの出現の痕跡が。気休めで天井裏にバルサン。

出社途中でケータイがブチ切れ。電池の表示は3/4だった。
docomo修理センターに駆け込むと、「電池残量が0です」「昨晩から今朝にかけてずっとコンセントにさしていたし、電池残量は3/4だったんですよ?」「では交換対応ということで…」
そんなわけでT-01Bが3台目に。うはー。
雰囲気としては電池残量を正しく判断できていないようす。どうしてこうなった?
会社につく。当日中にしなきゃいけない仕事と、飛び込んできた急ぎの仕事をやろうと思っていたら。

地震。

震度2ぐらいで止まる気配がないので、あわてて非常口を開放して3階のベランダに出た。揺れはじめから強い揺れが来るまで長かったので遠くの地震であろうことは感じていたが、ただただ踏ん張って手すりにつかまっているほかなかった。
波打つ電線、きしむ外付けの非常階段、乱れ飛ぶ鳥、吠え続ける犬。
事務所内では固定のあまかったキャビネットが一台転倒。机の上に接地していたPCが滑り落ちて起動せず(HDD破損っぽい)。
内壁の化粧板はあちこちで削れたりひびが入ったり。
二度目の大きな揺れが茨城沖との報。東海・東京直下への連鎖の懸念。
その後一時間程度は倒れたキャビネットの中を出したり、机上接地のPCを床に下ろしたりで気を紛らわせる。事務所にTVはなく、ラジオの音声とインターネットの情報のみ。
家族には会社の回線からGmail経由で連絡。willcomユーザーの従姉からは即返事が返ってきた(笑 おかげで母と家の無事を確認。一安心。
早退したものの電車が止まってしまった女子職員が帰社。比較的近くだったのが幸いだった。
なんの沙汰もないまま結局19:30。「そろそろ仕事はやめにしましょう。帰れない人はこっちに食べるもの買ってきたから」と酒盛りの準備を始める社長。

退社。

新宿・幡ヶ谷・大山町・大原・世田谷代田を経由して徒歩にて帰宅。
新宿までは歩行者がかなりの数いたが、車道にあふれ出すほどでもなく元気に歩いていた。交差点で流れが止まると人が密集してきて少し怖い。新宿御苑を南から回り込むルートも考えたが、道順に自身がなかった&御苑・明治神宮近辺は道が暗かった気がしたので流れにのって歩く。
新宿を過ぎるとかなり人数が減るが、西新宿のビル群から出てきた人が加わるので西参道口交差点や初台交差点は混雑。
甲州街道の歩道は比較的歩きやすいも初台を過ぎるとかなり狭くなり、歩道橋などがあるとすれ違うのがやっとの幅でつまりがち。
古いビルの3階のガラス窓が落ち、道幅が狭められていた箇所あり。
有用な商品を提供してくれるのはありがたいが、歩道を占拠するような陳列をする商店はかなり迷惑。
歩行中たびたびふらっとするが、それが余震なのか自分の問題なのかはよくわからない。梢や電線が揺れていないところを見ると自分の問題か?
幡ヶ谷で甲州街道を外れ旧玉川上水の遊歩道を歩く。固い土でもアスファルトよりは歩きやすい。携帯の接続状況は途絶えがち。携帯音楽プレイヤーにFMチューナーがついていることを思い出して、聞きながら歩く。遠くの情報。現実感の喪失。
風が強くなり寒さが増してくる。
「トイレお貸しします」の看板を出しているお店あり。ここでもそれなりの歩行者がおり、立ち止まって写真を撮るような雰囲気はなし。
朝攣った左足が痛むが、まだまだ余裕。
おでんやさんくんから「うち寄ってきます?」とのメッセージをもらうが、ケータイが断続的に不通でうまく情報がやりとりできず。いいテンポで歩けているのもあってまた次の機会に。
あちこちの学校や公営のコミュニケーションセンターなどで無料休憩所が開設されていた。都心部ではほぼ帰宅困難者向けの宿泊メインだが、世田谷までくると徒歩帰宅者向けの一時休憩(暖かい飲みのもなど)やトイレがサービスのメインの様子。
小田急線沿いに西進。22:00過ぎに「試運転」の電車を確認。復旧が近そうなことに安心。

帰宅。約3時間の道行き。
数カ所ガラスの落下などはあったものの、今回の帰宅路沿いで大きな被害が出たわけでもなく順調な帰宅でした。
しかし路面状況の悪化、家屋の倒壊、火災の発生といった被害が出た場合、これほどスムーズに帰宅するのは難しいだろう、と痛感。
接続は途切れ途切れながらもツイッターで様々な情報が手に入ったのは励みになった。そしてやっぱり非常時はラジオ。最強。

家で始めて津波の映像を見て唖然。
簡単な食事をして、風呂で足をもんで就寝。
posted by さわのつり at 13:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

雪が雨に変わった早春の喫茶店で思う。

またTHE真心ブラザーズの名曲「ただただだらだら」が心のBGMになっている今日この頃。うちも会社もただただ面倒くさいことこの上なしです。
あぁ、なにもかもほっぽり投げて引き籠もっていたい。

みんな何がしたくてあんなことを要求してくるんだろうか。私にはわからない。わからない。
私は挑発されて発憤するタイプじゃないのです。
posted by さわのつり at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

購入記録 2011年1月&2月

あぁん、1月分の読書メーターのまとめを取り損なった。
やむなくコピペで補完です。

2011年2月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1778ページ

■楽園 Le Paradis 第5号
あまあまどろどろらぶらぶぎすぎすほのぼのえろえろな恋愛マンガ雑誌だと思っていてら、えらいカオスなkashmir・平方イコルスン。次号からは仙石寛子も参加とどこまで狙い撃ちされてるんだ、私は
読了日:02月28日 著者:シギサワ カヤ,中村 明日美子,二宮 ひかる,黒咲 練導,沙村 広明,木尾 士目,あさり よしとお
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10038121

■超級! 機動武闘伝Gガンダム (3)    (角川コミックス・エース 16-10)
ネオロシア編とギアナ高原編。アルゴは恐ろしく強いのに師匠に全部印象を持ってかれてるがしかたないw
読了日:02月26日 著者:島本 和彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10036818

■恋愛ディストーション (サンデーGXコミックス 10YEAR’S CHRONICLE)
読了日:02月20日 著者:犬上 すくね
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091572642

■オトメン(乙男) 12 (花とゆめCOMICS)
読了日:02月20日 著者:菅野 文
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592192222

■寝ても醒めても (F COMICS)
夢と現がきちんと分かれたお話って、ある意味陽気婢めずらしいかもしれない(笑
読了日:02月20日 著者:陽気婢
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10036154

■きみといると(4) (アクションコミックス)
読むとほっぺの筋肉が痛くなる。脅威のにやにや赤面マンガ完結。
読了日:02月20日 著者:かがみ ふみを
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10036091

■チュニクチュニカ
二度目、第一章の一番最後のコマに衝撃を受けた。
読了日:02月16日 著者:水谷 フーカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9771392

■ガンパレード・マーチ2K(にせん)―北海道独立〈1〉 (電撃文庫)
こんな恐ろしい生き物が跋扈するシリーズに、果たしてこれから幻獣の出番はあるんでしょうか?
読了日:02月10日 著者:榊 涼介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9772067

■羣青 中 (IKKI COMIX)
読了日:02月08日 著者:中村 珍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091885373

■まおゆう魔王勇者 2忽鄰塔(クリルタイ)の陰謀
これはひどい時間泥棒。
読了日:02月01日 著者:橙乃 ままれ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/9771891

■ラストイニング 28 (ビッグコミックス)
読了日:02月01日 著者:中原 裕,神尾 龍
http://book.akahoshitakuya.com/b/409183616X

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

■超級! 機動武闘伝Gガンダム (2) (角川コミックス・エース 16-9)
著者:島本 和彦

■高杉さん家のおべんとう 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
「そこに気付くのは地理的センスがあるということだよ」柳原マンガはリアルとファンタジーのさじ加減が絶妙だと思う。
著者:柳原 望

■三日月の蜜 (まんがタイムコミックス)
なぜ表題が「キラキラ青虫」にならなかったんだー!!それはさておき、仙石寛子はギャグもストーリーもぶった切りの投げっぱなしが多いですが、それが余韻や後味として心地いい不思議。
著者:仙石 寛子

■超級! 機動武闘伝Gガンダム (1) (角川コミックス・エース 16-8)
OP再現マンガに笑った(笑 ストーカーの声とタイトルコールが鮮明に頭に再生されてしまうのです。
著者:島本 和彦

■マリア様がみてる ステップ (マリア様がみてるシリーズ) (コバルト文庫)
「ごきげんよう」「ごきげんよう」さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。なんど読んだかわからないこの枕に仕掛けてあるとは…。読み飛ばしちゃダメですね。
著者:今野 緒雪

■まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
会話文だけの文章でこれだけ面白く読めるのは希有だ。ドラクエの世界観を共有できる人ならだれでも素直に読める。異世界感を出すための設定は「南半球(=南が寒い)」という一点で突破しているのもすごい。
著者:橙乃 ままれ

■赤髪の白雪姫 5 (花とゆめCOMICS)
いろいろな筋の思惑が絡み合う新章に突入。
著者:あきづき 空太
posted by さわのつり at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。