2007年09月06日

大都会

雨が降っても 道を選べば 傘をささずに歩ける

/「東京ライフ」(KAN/1989 アルバム「幸福選手権」収録 )
/音楽


岩本町・秋葉原間は、神田川をわたるところだけは傘をささなくてはいけません。
posted by さわのつり at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

妄想力

夢見る勇気(ちから)それだけがあたしの取り柄なの

/「夢見る勇気(ちから)」(中島みゆき/1993 アルバム「時代-Time goes around-」収録 )
/音楽


ああやってこうやってこんな場合はあんな風で
想像力は日本一で通ってますけど

/「焼き肉でもいきましょうよ」(KAN/1993 アルバム「弱い男の固い意志」収録 )
/音楽


とりあえず、まずは夢見ることから始めなきゃですわ。
posted by さわのつり at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

やりくり

ヒトゴトをワガコト
ワガコトをヒトゴト
入れ換え置き換える
脱ディスコミュニケーション

/「脱ディスコミュニケーション」(朝日美穂/2004 アルバム「ホリアテロリズム」収録 )
/音楽


posted by さわのつり at 01:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

号泣

「…きっとね」
「日々」
「『たられば』ね」

/仲村マナミ(施川ユウキ/2006「サナギさん」収録 「No98 サナギさんと月。」−月.6 より)
/マンガ


「月に帰ったかぐや姫はその後どうしてるのかなー」というサナギさんの素朴な疑問にマナミさんが一言。
一同号泣。
施川ユウキの四コマは、ときどきもの凄い破壊力をもっていると思う。
posted by さわのつり at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

前向き

だけど 私の名前は勝利の子
恥じないように 戦ってやる
あぁ…私かっこいい!

/「勝子の就職物語」(奥井亜紀/1996 アルバム「You're the only melody」収録)
/音楽(J-POP)


就職活動ソング。このアルバムの発売された1996年といえば、まさに就職氷河期のど真ん中なわけで。
「内定一番あの娘には 社長のパパがいる」だの「『夏バテですか?』 優しそうに面接官は聞いてくれるけど 落とす理由はひとつでいい」だの「姉の人生 楽ばかり 五年違いは 大違い」だのと畳みかける恨み言と泣き言を、最後の一節でばーんとひっくり返して爽快な気分にさせてくれます。

どこまでも
白い世界を/歩き続ける/勇気を出すために
ハナウタを/歌おうと/思ったのですが
ステキなメロディは/すべてカバンの中に/しまわれて/いたので−
生まれて初めて/わたしは
自分で歌を/作ったのです

女の子(山名沢湖/2004 短編集「白のふわふわ」収録の「ハミング」より)
/マンガ


ほわほわふわふわな絵に騙されそうになりますが、はっきり言ってホラーな「ハミング」。
ラストの悪魔的誘惑をはねのける思考の切替は、読んでいて凄い! と 怖い…の両方を感じます。
そんなラストを飾る、0からの出発の言葉。
posted by さわのつり at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

クリーナー&ドリーマー

ももえさん
魔法の掃除機
居眠り運転

/ももえ(山名沢湖/2006・「でりつま」第4話『8:クリーナー&ドリーマー』より)
/マンガ


ふと再読してがつーんと捕まれた言葉。
ポエム。
絵はもちろん好みだけど、山名沢湖の言葉の威力は、ときどきたじたじしてしまうくらいに強烈だと思うのです。

どーでもいいが、「でりつま」って改めて読むと小ネタ満載だなぁ。
posted by さわのつり at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

それは魔性

「ゲームは/いいよにゃ」
「どんな時でも/やる気出るし」

/島明夫(木尾士目/1999・「五年生」第5話『形もない』より)
/マンガ


まったくだ! と大声で賛同すべき一言。
これを「なーんもやる気しねえ…」とベッドに身体を投げ出した一人暮らしの留年生が言うのだから、そりゃあもう私にとっては真実なのです。

で、なんでいきなりいまさら「五年生」かというと、「五年生」を取り上げずに「げんしけん」を紹介してなるものかっ、という意地です(つまり取り上げたくてしようがない
posted by さわのつり at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かくありたい

「そっ 今日を/逃したら/もったいないよ」
「こんっなに/イイ天気/なんだもの」

/川上清美(大石まさる/2000・「みずいろ」第3話『潮のにおい』より)
/マンガ


期末試験の谷間の日曜日の出来事。突然訪ねてきた清美の第一声は「ね 海に行かない?」
上記のセリフはその「理由」。
主人公「加藤猛」の独白は「何いってんだ/明日は試験だぞ/遊んでられるか」であり、その次のセリフは「そりゃ行くさ/男としては…」である(笑

清美の行動力(とルーズさ)を理想とするなら、猛くんのがんばりが目標なんだろうなぁ。
posted by さわのつり at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

まったり

夢を描いて 高い空見れば
届く気がして よけいに哀しくて

/「詠人(うたびと)」(北島三郎/1998)
/音楽(アニメソング)


「おじゃる丸」の主題歌、2番冒頭。

もちろんこの歌の本題は
『まったりまったりまったりな 急がず 焦らず 参ろうか』
なのですが、それはただ「ぽややーん」としていればいい、ということが言われてるわけではないはずです。

犬丸りんさんの訃報に、久々にこの歌を思い出しました。
posted by さわのつり at 14:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

がんばれば

俺なんかもっと がんばればきっと 女なんかじゃんじゃんもてまくり やっぱマニュアルどおりに見つめてそんでもって マンション マンション

/「どぉなっちゃってんだよ」(岡村靖幸/1990)
/音楽(J-POP)


どきどき思い出しては遠い空を見上げたくなる歌詞。
やっぱ「がんばれば」だよなぁ。別にもてまくらなくても全然いいけど。
posted by さわのつり at 14:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

豪華なセットが390円で!

豪華なセットが390円で!
リッチな気分になれなきゃ
いまどきまともに生活できませーん

/「Mikky-D」(ビブラストーン/1991 アルバム「エントロピープロダクションズ」収録)
/音楽(J-POP)


Mikky-Dではないですが、らんぷ亭でお昼ご飯を食べていたら頭の中でリピート再生されやがりました。
リッチな気分はともかくとして、390円の食事に満足できないようではまともに生活できませーん
posted by さわのつり at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふと思い出しの至言

座右の銘というほどのものは持ちませんが、読んだり聞いたりした中でふと心に引っかかった言葉を書き連ねていくシリーズを新設することにしました。

さて、忘れる前に書き留められるか(笑
posted by さわのつり at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人名言名句辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。