2011年06月25日

購入記録 2011年5月

一ヶ月遅れが常態化してきた…。
久々に活字の多い感じ。4月末からSFアンソロジーをよく買った気がします。

2011年5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2474ページ

■MikuMikuDanceセカンドパック (100%ムックシリーズ)
豊富なデータ集が魅力。基本的なことからコンパクトにまとめられていますが、MMDを一から始めるにはちょっと物足りなく感じるので「MikuMikuDanceでPさんと呼ばれる本」かWebも参照しましょう。
読了日:05月28日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11860150

■ラブやん(15) (アフタヌーンKC)
誰がなんと言おうと天使長のスパッツ最高。
読了日:05月25日 著者:田丸 浩史
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11860044

■げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
「俺は蛇の生まれ変わりだからな」と言っていた斑目先輩はいまどこに…。あまりにリアルな成長(と成長してなさ)っぷりに目を覆わんばかりです。個人的には矢島さんに期待。
読了日:05月25日 著者:木尾 士目
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859839

■ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
テッド・チャンの短編はSFが好きでかつ歴史物も好きな身にはクリティカルすぎる。時間SFとラブロマンスのつながりは梶尾真治と近い流れを感じ好感。
読了日:05月24日 著者:テッド・チャン,クリストファー・プリースト,リチャード・A・ルポフ,ソムトウ・スチャリトクル,F・M・バズビイ,イアン・ワトスン,ロベルト・クアリア,ボブ・ショウ,ジョージ・アレック・エフィンジャー,ロバート・シルヴァーバーグ,シオドア・スタージョン,デイヴィッド・I・マッスン,H・ビーム・パイパー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859627

■青い花 6巻 (F×COMICS) (Fx COMICS)
あーちゃんが清水の舞台から飛び降り、徐々に周囲にも認知が広まって…シャンパン。上田さんが密かに多才すぎる。
読了日:05月15日 著者:志村貴子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859386

■マップス ネクストシート K (フレックスコミックス)
荒唐無稽な世界観のなかで本質に迫る問題を真面目に取り上げることこそ、SFの一つの重要な使命であるわけですが、そんなことよりファイバー粒子を使ったリンク速度向上法についてもっと知りたいです。
読了日:05月14日 著者:長谷川 裕一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859283

■マルドゥック・フラグメンツ (ハヤカワ文庫 JA ウ 1-11)
おかげさまでスクランブルとヴェロシティを全部読み直すハメになりました。
読了日:05月12日 著者:冲方 丁
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859709

■ガンパレード・マーチ2K―北海道独立〈3〉 (電撃文庫)
日本・北海道・樺山・野島・カーミラ・ロシア人移民・中国人移民・謎の大国アメリカ…。様々な思惑は再び現れた幻獣の海の前にどう絡み合っていくのか。
読了日:05月12日 著者:榊 涼介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11858785

■あいカギ 2 (サンデーGXコミックス)
“やりとげた女の顔”と“がっつりやられた男の顔”の恍惚とした様が素晴らしい。
読了日:05月04日 著者:犬上 すくね
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859135

■ちょっと江戸まで 5 (花とゆめCOMICS)
結局サプライズパーティーはなかったけど、思わぬサプライズが待っていた5巻。次巻最終巻とのこと。
読了日:05月04日 著者:津田 雅美
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859033

■沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)
長期の宇宙滞在におけるある重要な装備品について、宇宙船クルーの評価は「完全ではないけれど、所期の機能を発揮したと思う」であった。手の届きそうなところにあるSF短編集。
読了日:05月03日 著者:野尻 抱介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11859505


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
posted by さわのつり at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

2011年4月 購入記録

2011年4月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3552ページ

■まおゆう魔王勇者3 聖鍵(せいけん)遠征軍
敵が味方に味方が敵にの大動乱の巻。新しい世界のルールによって利害関係が大きく転換していくさまはダイナミックでドラマティック。
読了日:04月30日 著者:橙乃 ままれ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11354968

■ないしょのつぼみ 7 (ちゃおフラワーコミックス)
読了日:04月30日 著者:やぶうち 優
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091338240

■クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーU (ハヤカワ文庫JA)
一つの世界が消失し、次の世界へと舞台が移るところまで。
読了日:04月26日 著者:五代ゆう
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11355760

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 9 (チャンピオンREDコミックス)
えぇ!ここで最終巻!? と思ったらサブタイトルを「バベルの籠城」に変えて続くのですね。それにしても韓信元帥の正体がすげぇ
読了日:04月26日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11305405

■超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11)
読了日:04月26日 著者:島本 和彦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047156922

■新 仮面ライダーSPIRITS(4) (KCデラックス)
スーパー1かっこいい。関係ないけどルリ子さんがかわいい。
読了日:04月24日 著者:村枝 賢一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11305263

■オレンジチョコレート 6 (花とゆめCOMICS)
読了日:04月24日 著者:山田 南平
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592187261

■クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーT (ハヤカワ文庫JA)
それっぽいと思って読み終えたらやっぱり女神転生だった。これもまたそれまであった秩序が崩壊して新しい世界のルールができる物語。
読了日:04月23日 著者:五代ゆう
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11355536

■Aの魔法陣リプレイブック 〜ガンパレード・マーチ篇〜 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)
小説パートとリプレイパートが寄せては返す構造で、熊本城防衛戦に入ってからのテンションは、ガンパレ好きには堪えられないものがあります。
読了日:04月12日 著者:芝村 裕吏,アルファ・システム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11055941

■彷徨える艦隊〈6〉巡航戦艦ヴィクトリアス (ハヤカワ文庫SF)
シリーズ最終刊。デシャーニ艦長と初心なやりとりを繰り広げる主人公を見ていると、リオーネ副大統領と付き合っていたころギアリー提督と同一人物とは思えない(笑
読了日:04月10日 著者:ジャック キャンベル
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11356540

■ガンパレード・マーチ 2K 北海道独立(2) (電撃文庫)
「真の敵」が次々と姿を現し、陰謀から戦争へと移りゆく第二巻。こんどの薄氷の綱渡りには、いったいどんなどんでん返しが用意されているのやら。
読了日:04月10日 著者:榊涼介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11356397

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 7 (チャンピオンREDコミックス)
読了日:04月10日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/425323237X

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 6 (チャンピオンREDコミックス)
読了日:04月10日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253232361

■ガンパレード・マーチアナザー・プリンセス 1 (電撃コミックス)
「彼をたちまち回復させるいいアイデアがあります」「なんだ?」「彼を慰めるとき必ず 語尾に『にゃあ』をつけて話していただきたい!」「貴様の頭の中には鱈の白子が詰まっているようだな」
読了日:04月05日 著者:芝村 裕吏
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11054983

■ゼロ年代SF傑作選 (ハヤカワ文庫 JA エ 2-1) (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・スクランブルの前日譚とスラムオンラインの後日談に惹かれて購入。「俺はミサイル」の空の世界感が割と好みだった。
読了日:04月03日 著者:S-Fマガジン編集部
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11355170

■ラストイニング 29 (ビッグコミックス)
県大会終了。甲子園編に続くの巻き。守備固めの行田君が最後においしいところをもってきました。どうでもいいけど豊田くんのサイズが変幻自在すぎる(笑
読了日:04月02日 著者:中原 裕,神尾 龍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11055693

■スティーヴ・フィーヴァー ポストヒューマンSF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
「火星夜想曲」が大好きなので「キャサリン・ホイール」目当てで購入。ブリンの「有意水準の石」も掘り出し物だった。
読了日:04月01日 著者:グレッグ・イーガン,ジェフリー・A・ランディス,メアリ・スーン・リー,ロバート・J・ソウヤー,キャスリン・アン・グーナン,デイヴィッド・マルセク,デイヴィッド・ブリン,ブライアン・W・オールディス,ロバート・チャールズ・ウィルスン,マイクル・G・コーニイ,イアン・マクドナルド,チャールズ・ストロス
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11355294


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
posted by さわのつり at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

お花見

もともと行く予定だったoseくんのおうちの花見に加え、倭克さんから電話をもらって、急遽武蔵野陸上競技場方面の桜見物も行ってきました。

散歩したりちびちびお酒をやったりいろいろお喋りに花を咲かせたりしながら、ただのんびり桜を見てるだけという時間が贅沢なんだなぁ、とつくづく。
posted by さわのつり at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

購入記録 2011年3月

2011年3月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:416ページ

■未満れんあい(5) (アクションコミックス)
「オレ……このまま彼女に会わないと…………死にそうなんですよ! だから……」時に発揮される黒瀬さんのとてつもない行動力は妬ましくさえある。
読了日:03月31日 著者:高嶋 ひろみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10544358

■みんなミュージカル!(3) (アクションコミックス)
…二人も買ったんだ
読了日:03月27日 著者:アサイ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10544120

■PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
結局自己流のまま固まっているので、なかなかジャンプアップとはいかないですが、結構重要な機能を発見したりするのです。
読了日:03月27日 著者:かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10544088

■みなみけ(8) (ヤングマガジンコミックス)
「あの日に俺の夏は終わった…」マコトはどこまで男らしいんだろう。
読了日:03月05日 著者:桜場 コハル
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10037910

■図書館戦争LOVE&WAR 7 (花とゆめCOMICS)
物語の途中なので大きなオチがなく、あまあまトークと圧迫面接の落差が読み手に厳しい巻。次巻でカタルシスを得るまで、投げっぱなしジャーマンで心を休めましょう。
読了日:03月05日 著者:弓 きいろ,有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/10037122

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 5 (チャンピオンREDコミックス)
読了日:03月01日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253232353

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 4 (チャンピオンREDコミックス)
読了日:03月01日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253232345

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 3 (チャンピオンREDコミックス)
読了日:03月01日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253232337

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 2 (チャンピオンREDコミックス)
読了日:03月01日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253232329

■ジャイアントロボ地球の燃え尽きる日 1 (チャンピオンREDコミックス)
読了日:03月01日 著者:横山 光輝,今川 泰宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253232310


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
posted by さわのつり at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

(個人的に)いろいろあった3/11

朝、目はさめたもののお疲れで起きられず。
ふとんでもそもそしていたら左のふくらはぎが攣る。
あまりにだるいので会社に半休の連絡をいれる。
居間に降りるとねずみの出現の痕跡が。気休めで天井裏にバルサン。

出社途中でケータイがブチ切れ。電池の表示は3/4だった。
docomo修理センターに駆け込むと、「電池残量が0です」「昨晩から今朝にかけてずっとコンセントにさしていたし、電池残量は3/4だったんですよ?」「では交換対応ということで…」
そんなわけでT-01Bが3台目に。うはー。
雰囲気としては電池残量を正しく判断できていないようす。どうしてこうなった?
会社につく。当日中にしなきゃいけない仕事と、飛び込んできた急ぎの仕事をやろうと思っていたら。

地震。

震度2ぐらいで止まる気配がないので、あわてて非常口を開放して3階のベランダに出た。揺れはじめから強い揺れが来るまで長かったので遠くの地震であろうことは感じていたが、ただただ踏ん張って手すりにつかまっているほかなかった。
波打つ電線、きしむ外付けの非常階段、乱れ飛ぶ鳥、吠え続ける犬。
事務所内では固定のあまかったキャビネットが一台転倒。机の上に接地していたPCが滑り落ちて起動せず(HDD破損っぽい)。
内壁の化粧板はあちこちで削れたりひびが入ったり。
二度目の大きな揺れが茨城沖との報。東海・東京直下への連鎖の懸念。
その後一時間程度は倒れたキャビネットの中を出したり、机上接地のPCを床に下ろしたりで気を紛らわせる。事務所にTVはなく、ラジオの音声とインターネットの情報のみ。
家族には会社の回線からGmail経由で連絡。willcomユーザーの従姉からは即返事が返ってきた(笑 おかげで母と家の無事を確認。一安心。
早退したものの電車が止まってしまった女子職員が帰社。比較的近くだったのが幸いだった。
なんの沙汰もないまま結局19:30。「そろそろ仕事はやめにしましょう。帰れない人はこっちに食べるもの買ってきたから」と酒盛りの準備を始める社長。

退社。

新宿・幡ヶ谷・大山町・大原・世田谷代田を経由して徒歩にて帰宅。
新宿までは歩行者がかなりの数いたが、車道にあふれ出すほどでもなく元気に歩いていた。交差点で流れが止まると人が密集してきて少し怖い。新宿御苑を南から回り込むルートも考えたが、道順に自身がなかった&御苑・明治神宮近辺は道が暗かった気がしたので流れにのって歩く。
新宿を過ぎるとかなり人数が減るが、西新宿のビル群から出てきた人が加わるので西参道口交差点や初台交差点は混雑。
甲州街道の歩道は比較的歩きやすいも初台を過ぎるとかなり狭くなり、歩道橋などがあるとすれ違うのがやっとの幅でつまりがち。
古いビルの3階のガラス窓が落ち、道幅が狭められていた箇所あり。
有用な商品を提供してくれるのはありがたいが、歩道を占拠するような陳列をする商店はかなり迷惑。
歩行中たびたびふらっとするが、それが余震なのか自分の問題なのかはよくわからない。梢や電線が揺れていないところを見ると自分の問題か?
幡ヶ谷で甲州街道を外れ旧玉川上水の遊歩道を歩く。固い土でもアスファルトよりは歩きやすい。携帯の接続状況は途絶えがち。携帯音楽プレイヤーにFMチューナーがついていることを思い出して、聞きながら歩く。遠くの情報。現実感の喪失。
風が強くなり寒さが増してくる。
「トイレお貸しします」の看板を出しているお店あり。ここでもそれなりの歩行者がおり、立ち止まって写真を撮るような雰囲気はなし。
朝攣った左足が痛むが、まだまだ余裕。
おでんやさんくんから「うち寄ってきます?」とのメッセージをもらうが、ケータイが断続的に不通でうまく情報がやりとりできず。いいテンポで歩けているのもあってまた次の機会に。
あちこちの学校や公営のコミュニケーションセンターなどで無料休憩所が開設されていた。都心部ではほぼ帰宅困難者向けの宿泊メインだが、世田谷までくると徒歩帰宅者向けの一時休憩(暖かい飲みのもなど)やトイレがサービスのメインの様子。
小田急線沿いに西進。22:00過ぎに「試運転」の電車を確認。復旧が近そうなことに安心。

帰宅。約3時間の道行き。
数カ所ガラスの落下などはあったものの、今回の帰宅路沿いで大きな被害が出たわけでもなく順調な帰宅でした。
しかし路面状況の悪化、家屋の倒壊、火災の発生といった被害が出た場合、これほどスムーズに帰宅するのは難しいだろう、と痛感。
接続は途切れ途切れながらもツイッターで様々な情報が手に入ったのは励みになった。そしてやっぱり非常時はラジオ。最強。

家で始めて津波の映像を見て唖然。
簡単な食事をして、風呂で足をもんで就寝。
posted by さわのつり at 13:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。